2017年03月14日

オタルト活動用古家リフォーム(現況把握)【2016年6月】

とりあえず、何はともあれ、この(ボロ)物件が自分のものになった訳です。
ちょうど、その時期はうちのサイトにクロウリー伝を書きはじめたくらいの頃だったので、
クロウリーのボレスキン館から引用して、しばらくは、この物件を
”ボロアイン館”と呼んでいました。

ええ、我ながらひどい扱いですねw。

さすがに、これからblogを書いたり、オタルティスト活動をしていくにあたって、
その名前をずっと使うには抵抗があるので、ここで名前を”ボレアイン館”と
名付けることにしましょう。

さて、このボレアイン館。これから、いろいろとリフォしていこうかと思っていますが
(本当に完成するのかな?・・・)、まずは、最初、どのような状態にあったのかを把握しておきましょう。

エクセルで建物の簡単な見取り図を作ってみましたので、お暇でしたらご覧ください。(北が上となります)

170314a.jpg

posted by AIN@ANIMA-MYSTICA at 04:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | オタルト活動拠点:ボレアイン館

オタルト活動用古家購入(購入2)【2016年6月】

で、この物件を買う方向でいろいろと話を進めることになりました。

とはいえ、最初に提示されていた金額をそのままの金額で
買うのも抵抗がありましたので、とりあえず、値引き交渉を行ってみる事に。
(実際は最初の値段は、固定資産税評価額そのままなので、
 ある意味、妥当な値段ではあったのですが)

不動産を購入するとなると、いろいろ、面倒くさいかけひきが
ありそうなものです。しかし、実はこの物件は、かなり古いという事や
便利が悪いという事もあって、長期間売れ残っていたものだったので、
意外と値引き交渉もスムースに行きました。
ちょっと交渉しただけで、値段も4分の3に。

まぁ、それなら良いかなとすぐに購入決定になったのでした。

そして、物件の売買の契約と引渡しを行ったのが、2016年の6月。
その時に売り主さんからいろいろ不穏当な情報を聞いたりもしましたが、
まぁ、そこはそれ。こっちでお祓いとか浄化とかすれば、良いわけですし(<良いのか?w)。

posted by AIN@ANIMA-MYSTICA at 04:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | オタルト活動拠点:ボレアイン館

2017年02月03日

オタルト活動用古家購入(購入)【2016年6月】

そんなこんなで見つけたのが、今の物件だったわけですね。

まぁ、今の物件を最初見たときは、庭が凄いことになっていたので、
これはどんなもんかいな?とも思ったりしたのですが、いろいろ
総合して検討した結果、まぁまぁ買っても良いんじゃないかな?と。

特に良かったのが下記のポイントでした。
・今住んでいる家と、岡山市の同じ区にある(車で30分くらい。電車でも行ける)
・山への道の一番奥にあって、隣の家からも、まぁまぁ、離れている。
・現状、ぽっちょんだが、家の前まで下水管が来ている。
・一応、見た感じ、構造体がちゃんとしている。

逆に悪い点は、まぁ、挙げるときりが無いんですが、代表的なものだと、
・山の中なので車で行きにくい。
・壁や屋根瓦がぼろぼろ
・ぽっちょん便所
・山の中なので虫がいっぱい
・庭が荒れ放題

↓※購入した時点で荒れ放題だった庭※
家の前の荒れ野原

posted by AIN@ANIMA-MYSTICA at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | オタルト活動拠点:ボレアイン館

オタルト活動用古家購入(経緯2)【2016年6月くらいまで】

そんなこんなでオタルト活動用の家が欲しいな〜と思ってはいたのですが、
最初は、まぁ、その為に家を買うなんてな〜・・・と思っていました。

でも、ある日、ネットで不動産情報を見ていると、岡山県の田舎でぼろい家ながらも
広い土地付の家が数十万くらいで売っているのを見つけたわけです。

ええ、下手すりゃ、中古の軽4車なみのお値段で家が買えるのはびっくりでした。

ただ、その時の物件は今の自宅からあまりにも遠く、また、トイレもぽっちょん式だったので、
見送らさせていただいたのです。

しかし、それ以来、自分はそこそこ本気になって、安い家を探し出したのでした。

そして、ネットで安くて面白そうな物件を見つけては不動産屋に住所を教えてもらって、
実際に見に行くことを何回も繰り返しました。

さすが、安いだけあって中には凄い状態の家もありました。
・水周りの箇所の屋根が落ちてしまって、上の道路から見ると、便所や風呂が丸見えになってしまっている家。
 (夜なんか、お風呂に入りながら、夜空が見えます。風流ですよ!(ヲイ)
・川の横にあって、川が増水すると水が部屋の中に入ってきそう。あるいは土台が腐ってて、いつ川に倒れてしまうか不安な家。
 (家の中で魚釣りが出来ます(爆))
・裏隣の家が崩れかけている家。
 (・・・段々、こういった変な物件を見て回るのが面白くなってきてたのは内緒です(汗)

しかし、安いだけを考えると、ろくでも無いものを買ってしまいそうなので、自分的には
下記の条件は譲れないと考えて家を選んでいきました。
・まずは、最低限、電気、上水道が来ている家
 (ほぼ、どんな家でも電気はありましたが、上水道は往々にして無い家もあったり。
  その場合は生活用水が井戸水だったり、下手すりゃ裏の沢水だったりも(^^;。)。
・出来れば下水道、あるいは浄化槽。最低、下水道が簡単に繋げれるところまで来ていること
 (やっぱり、田舎はぽっちょん便所は多いです。カムヒアー!ダイターン3!じゃない、バキュームカー!(汗)
・車で1時間以内。
 (岡山県内といえども、遠い田舎の家だと、車でも2時間以上かかる事もあります。
 あんまり遠いとリフォに通うのも不便なんで)
・構造体(基礎、柱、屋など)がある程度、しっかりとしていること。
・隣の家からそれなりに離れていること
 (いや、あの、やっぱり怪しげなオタルト活動をやるときには、ご近所様が気になりますよね?ね?)

posted by AIN@ANIMA-MYSTICA at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | オタルト活動拠点:ボレアイン館

オタルト活動用古家購入(経緯)【2016年6月くらいまで】

数年ほど前からオタルト活動用に家が欲しいな〜と思いだした訳です。

もちろん、自分が一人暮らししだした頃は、家に一人しか
いなかったから(当たり前か)、家で好きな事が出来ていたわけで、
それはもう満足していました。

オタルトの怪しげな儀式wを日々やってみたり、電動工具や塗料を
使ってオタルト用の怪しげな道具作成に没頭してみたり、もちろん、
オタルト活動の中心的修行であるアニメを怪しく見たりとか、
怪しげな漫画や同人誌を読んだりとか、可愛いフィギュアを飾って妖しく
ニヤニヤしてみたりとか(<全部、あやしいんかい!w)

そんな生活もいつしか、家に猫を飼いだした頃から、縮小化を余儀なく
されていきました。

怪しげな儀式をやっていたら、足元にニャー♪とまとわりついてこられ、
部屋を閉め切ったらドアの向こうでガリガリと爪をたてて「開けるミャー!」と騒がれ、
電動工具や塗料は、もちろん猫が危ないのでなかなか使えず。そして、可愛いフィギュアをラックの上に
飾っていたら、ニャンコに体当たり攻撃をされてフィギュアがラックから投身自殺をしてみたり(涙)。

家での生活が完全にニャンコ中心になった訳ですね。


↓※おいらのベッドの上で我が物顔で寝る暴虐ニャンコ※
おいらのベッドの上で我が物顔で寝るニャンコ

posted by AIN@ANIMA-MYSTICA at 06:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | オタルト活動拠点:ボレアイン館